宇宙膨張の速度。光速よりも速いといわれる根拠は。

宇宙は膨張しているというのは
以前からすでに言われていたこととして
宇宙の1つの知識となっています。

 

 

未知なる宇宙は謎らだけで
膨張しているというのも一説にすぎませんが
その速度が話題になっているようです。

スポンサーリンク

宇宙膨張の速度

宇宙は
今から約138億年前に起こった
ビッグバンという
大爆発によって誕生した
と言われています。

 

 

その爆発の影響は
今でも続いていると言われており
宇宙に果てはなく
宇宙は広がり続けている
膨張し続けているということが
一説にあります。

 

 

他説はあるものの
現在このビッグバンによって
宇宙は誕生し
膨張し続けていると言われているのが
最も有力であり
一般的ですよね。

 

 

宇宙には謎が多く
未知の世界であるために
もしかしたら他の知らない説が
宇宙のはじまりであり
そして現在の宇宙の存在だと
言えるかもしれませんが
今回注目するのは
有力な説で、膨張し続けている
ということ。

 

 

何故宇宙が膨張しているのか
それについては
ハッブルの法則という
ものが関係していきます。

 

 

これは
遠くにある天体は
地球からの距離に比例した速度で
遠ざかっているといわれている法則

 

 

地球から離れた場所にある天体が
徐々に遠ざかっていき
さらに距離を開けているというのは
なんとなく不思議なことですよね。

 

 

しかし年々宇宙開発が進むに連れ
私達はより遠くの星を
観測することができるようになりました。

 

 

そうすると
地球から離れた位置にある
銀河が遠ざかっていることに気づき
この説が有力に。

 

 

そしてさらにそこから
宇宙は広がり続けているのかもしれない
ということになった
ということですね。

 

 

現在わかっている
宇宙の遠くの天体は
確かに遠く遠くに離れ続けているようなので
実際に本当に
ビッグバンの影響によって
広がり続けている、膨張している
のかもしれませんね。

 

 

さて、そこで気になるのが
膨張はどのくらいの速度で
進行しているのかということ。

 

 

宇宙規模にもなれば
おそらく想像以上の速さで
膨張し続けているのではないかと
思いますよね。

 

 

現在言われている
宇宙膨張の速度というのは
光速に近い速さ
というもの。

 

 

驚くべき速さをもって
宇宙は今も広がり続け
巨大な存在へと進化を遂げているということ。

 

 

あまりにも規模が大きすぎてしまい
宇宙の広さを考えるのは
少し頭が痛い気がしてしまうくらいの
そんなスピードです。

 

 

また、一説には
光速よりも速い速度で
広がり続けているとも言われています。

スポンサーリンク


光速よりも速いといわれる根拠は。

宇宙の膨張速度は
光速と一緒、またはそれ以上と
言われています。

 

 

しかし、ここで疑問が生じますよね。

 

 

何故ならば光速は
現在わかっている中では
一番速い速度を持つものとして
いわれています。

 

 

なので矛盾を感じてしまう
という人もいるかもしれません。

 

 

まず、何故光速ほどの速さで
膨張しているのかというと
そこに関係してくるのは
赤方偏移というもの。

 

 

これは遠ざかる物体からでる
電磁波は
振動数が減っていくというもの。

 

 

遠ざかれば遠ざかるほど
その遠ざかっている物体から出る
波の振動数は少なくなる
ということですね。

 

 

その点を踏まえてみると
遠方になるにつれて
光速に近い速度で
離れている天体や銀河が存在していて
膨張しているということが
わかりました。

 

 

このことから
光速に近い、またはそれを超える速さで
宇宙は膨張している
といえるようです。

 

 

では、光速というのは、
何よりも速い物の速度のことだったのでは?
と思いますよね。

 

 

光速よりも速い速さを持つ
ものはないと考えられているために
宇宙膨張が光速以上の速さで
広がっているというのは
おかしな話です。

 

 

しかし、光速の速さで…というのは
自然界において
物体が移動する速さのことを
指します。

 

 

宇宙というのは
物体ではなく空間。

 

 

そのために
光速以上の速さで
膨張をし続けていたとしても
宇宙は物ではなく空間だから
矛盾は生じないということになります。

 

 

未だにこの宇宙の膨張や
光速以上で広がっているというのは
様々な説があるために
100%の正解というものは
存在していません。

 

 

今後宇宙開発が進むにつれて
わかってくる宇宙のことや
誕生の謎についてが解明されれば
これらのこともわかってくると思うので
様々な説が出てくるのを
楽しみにしていきたいですね。

    スポンサーリンク


    2件のコメント

    • 有吉悦夫

      宇宙の膨張速度が大きくなっているとの説が常識のようですが、私は逆ではないかと思っています。遠方の天体の膨張速度が大きいのは、宇宙の膨張速度が大きく宇宙の膨張速度が速くなっていると言う説が常識になっているようですが、私は逆ではないかと思っています。遠方の天体の膨張速度が大きいのは、過去の宇宙の膨張速度が大きかった証明であり、現在の膨張速度は小さくなっていると思います。

    • ひで

      宇宙は空間だから、光よりも速い速度で膨張している可能性があるとの説明をされていますが、宇宙空間の中には、巨大な銀河などもあり、空間だけが膨張すると言うのは無理のある説明だと思います。
      まあ、何が正解かはこれから解明されて行くものでしょうが。

      2014年12月に観測されたフロンティアフィールドMACS J1149.5+2223にあるアインシュタインの十字架を作った超新星爆発の光が、近く?の銀河団が作る重力レンズを通ってどれだけ遅れて地球届くかで、宇宙の膨張速度を観測できるらしいから、ここ数年の定説の動きは注目だよね。

    コメントを残す