アンドロメダ銀河の見つけ方。天の川銀河と衝突していた?

私達がいる地球は太陽系の一部であり
太陽系は銀河系に所属しています。

 

宇宙には銀河がたくさんありますが
その中でも有名なのが
アンドロメダ銀河。
美しく綺麗なアンドロメダ銀河のことを
今回は注目していきましょう。

スポンサーリンク

アンドロメダ銀河の見つけ方

宇宙はたくさんの銀河が
存在しています。

 

 

私達がいる地球は太陽系ですが
その太陽系も銀河の一部であり
銀河系という銀河に所属をしています。

 

 

銀河は数多の天体の集まりや
ガス状の星間物質、宇宙塵によって
構成されています。

 

 

さらにその中には未知の物質でもある
ダークマターなども含まれていて
銀河の大半が渦巻銀河と呼ばれるものになっていますね。

 

 

これは銀河に渦状腕をもっていて
全体的に渦巻きのような形で
構成されている一般的な銀河のことです。

 

 

今回注目していく
アンドロメダ銀河
この渦巻銀河に分類される
代表的な銀河の1つなので
一度はきいたことがあるという人も
多いかと思います。

 

 

アンドロメダ銀河は
アンドロメダ座に位置する場所にあり
地球からは約239万光年離れています。

 

 

アンドロメダ銀河の中には
1兆個の恒星が存在しているといわれていて
銀河は22~26万光年という大きさ。

 

 

私達のいる銀河系は
直径8~10万光年なので
倍以上の大きさを誇る巨大な銀河です。

 

 

また二つの大きな巨大ブラックホールが
存在していると考えられています。

 

 

さて、このアンドロメダ銀河は
肉眼で観ることができるというのも
特徴です。

 

 

銀河の形は
長い楕円形のようにみえるので
夜空を見上げると普通の星の形ではなく
楕円形のように見えるものがあれば
それがアンドロメダ銀河である可能性が
高いかもしれません。

 

 

特に望遠鏡や双眼鏡などでみると
よりはっきりと観ることができますし
渦巻状の構造も観ることが出来ます。

 

 

機会があればそういった銀河の構造なども
見てみるといいかもしれませんね。

 

 

しかしなかなか見つけづらいという声も多く
アンドロメダ銀河の見つけ方を
調べている人も多いようです。

 

 

まずはアンドロメダ座
探してみましょう。

 

 

アンドロメダ座は
秋に見える星です。

 

 

北東の空に見えて
ちょうど秋の4辺形から
Aの形に見えるので
見つけやすいでしょう。

 

 

都心などではあまり見えづらいということも
あるかと思うので
もし明るさが邪魔をしない
山や田舎などに行った場合などは
見てみると、綺麗なアンドロメダ銀河を
発見できるかもしれませんね。

スポンサーリンク


天の川銀河と衝突していた?

肉眼でも見える
銀河系とはほんのお隣にある銀河
アンドロメダ銀河。

 

 

かなり離れているように思えても
肉眼で見ることができたり
お隣にあると思うと
少し親近感もわきますよね。

 

 

そんなアンドロメダ銀河ですが
なんと天の川銀河と衝突していた
ということで話題に上がっているようです。

 

 

天の川銀河というと
他の銀河?と思えてしまうかもしれませんが
私達の住む銀河系の別の名称です。

 

 

アンドロメダ銀河と銀河系が
衝突をしていたとなると
自分たちの住んでいる場所にも
影響があるのではないか!?
と心配になりますよね。

 

 

実は衝突はまだしておらず
するのではないかと考えられているようです。

 

 

今後40奥年後の間には
衝突をするということを
NASAハッブル宇宙望遠鏡を使い予測し
発表をしました。

 

 

40億年後というと
気が遠くなるほどの未来なので
少なくとも生きているうちには
衝突するということはなさそうですね。

 

 

そしてこの衝突により
アンドロメダ銀河と銀河系が
合体するということも
高い確率でありえるようです。

 

 

衝突すると考えられているとおり
アンドロメダ銀河は
銀河系に徐々に近づいてきています。

 

 

なので今から数億年後には
アンドロメダ銀河は
かなり近く接近
夜空に浮かぶことになると思います。

 

 

宇宙から銀河をみたときには
銀河系とアンドロメダ銀河が
かなり至近距離で接近するので
とても幻想的な光景になると
考えられていますね。

 

 

すでにネット上などでは
夜空の変化予想図なども
でているので
見てみるといいかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す