金星探査機「あかつき」が失敗からの復活!一緒に打ち上げた小型衛星は?

現在待機周回中である金星探査機あかつきが
いよいよ復活するということで
ニュースになっていますよね!

 

 

今回はそんな金星探査機あかつきが
失敗からの復活!ということで
注目していきたいと思います!
また一緒に打ち上げた小型衛星についても
見て行きましょう。

スポンサーリンク

金星探査機「あかつき」が失敗からの復活!

金星探査機あかつきというと
2010年5月21日に打ち上げられ
話題になりましたよね。

 

打ち上げの目的としては
現在の気象学では説明ができないとされる
金星の大気現象のメカニズムを解明するため
あかつきは打ち上げられました。

 

 

また金星の表面を調べていき
火山活動なども観測する予定でした。

 

 

計画では打ち上げられた同年2010年の
12月7日に金星の周回軌道に入る予定だったものの
軌道投入に失敗をしてしまい
今日まで太陽を周回し続けています。

 

 

太陽を周回というのも
金星の軌道に近い場所であるために
再チャレンジするためには
ちょうどいい場所だったみたいですね。

 

 

軌道に入るのに失敗して
今の今まであかつきの様子をみて
再び金星の周回軌道に入るタイミングを
見計らっていましたが
いよいよ再投入の目処が立ってきたみたいですね!

 

 

再投入として予定されている日は
2015年12月7日
あと数カ月後に再び再チャレンジをするということ。

 

 

こうした目処が立ったというのも
7月17日、24日、31日に分けて
実施された軌道修正制御の結果
計画通りに出来たということで
再投入に問題がないと判断されたからということ。

 

 

今回の軌道修正制御は4回目となるため
成功となれば再投入も本格的に計画できるということで
注目されていましたが
無事に成功したみたいで本当に良かったですよね。

 

 

今後の予定としては
10月から12月にかけて
軌道の微調整をしていくということ。

 

 

もちろん再投入までは
気を抜けないので緊張が続いていきますが
終わりだ、と言われていたあかつきが
こうして再び復活するというのは
世界からも注目されています。

 

 

やはり日本人の根気強さが証明された瞬間とも言えますし
何故失敗をしたのか、どうすれば成功をするのか
熟考を重ねた結果、今こうして前を向くことが出来たので
あかつきには頑張ってほしいところです。

 

 

失敗は成功の元というように
もともとの計画が失敗した時から今までの中で
学べることもたくさんあったと思うので
日本の宇宙開発技術や知識は
得るものが大きかったのではないでしょうか。

 

 

世界が見守る再投入の日である
12月7日。
次こそは無事に軌道に入れるように
願っていきたいですね。

スポンサーリンク


一緒に打ち上げた小型衛星は?

あかつきが打ち上げられた時に
小型衛星が一緒に打ち上げられたのも
記憶に新しいですよね。

 

 

5つの小型衛星は
民間企業、大学などが作成した小型衛星となっていて
それぞれ実験や動画や画像の撮影などを目的に
打ち上げられました。

 

 

今回再投入されるということが決まり
これら5つの小型衛星がどうなったのか
気になる人が多いようです。

 

 

まず大学宇宙工学コンソーシアム開発のUNITEC-1
早稲田大学のWASEDA-SAT2
鹿児島大学開発のKSATは信号が観測できずに
今後も発見される可能性が低いとされているため
残念ながら望みは薄いということ。

 

 

JAXAが開発したIKAROS
信号をしっかりと受信できているようで
すでに予定していたミッションも成功させ
さらに今後も技術検証をしていくということ。

 

 

最後に創価大学が開発したNEGAI☆”ですが
打ち上げ後には計画通りとはいかなかったものの
画像取得も成功させ、当初の予定であった
20日を超えても軌道にとどまっていたということ。

 

 

しかしその電波を受信できなくなり
1010年6月24日に創価大学は衛生運用を終了し
衛生は6月26日に大気圏に突入したとされており
消滅したと見られています。

 

 

なので現在確認できるのは
JAXAのIKAROSだけということ。

 

 

もしかしたら不明となっている3つの衛生が
今後何らかの動きを見せてくれる可能性もありますが
長くなったあかつき計画を考えると
難しいかもしれませんね。

 

 

しかし計画自体がすべて消滅するであろう
ともされていただけあり
残ったあかつきやJAXAの衛生には
他の衛星の分まで頑張ってほしいですよね。

 

 

まだまだ試練はあるものの
今後のあかつきの動きに注目していきたいと思います!

    スポンサーリンク


    コメントを残す