宇宙葬の費用はいくら?バルーンを使えば法律に触れない?

死んだら宇宙の一部になりたい
宇宙好きの中にはそういった夢を持つ人も
少なくないでしょう。

 

 

今回はそんな宇宙葬について注目。
今後増えていきそうな宇宙葬ですが
費用はいくらくらいなのか気になりますよね。
また気になる法律の問題も
バルーンを使えば法律に触れない?
ということも噂になっているようです。
早速宇宙葬について見ていきましょう。

スポンサーリンク

宇宙葬の費用はいくら?

宇宙に行ってみたい
誰もが憧れることではあるものの
現時点で宇宙に行けるのは
宇宙飛行士ですよね。

 

 

近い将来宇宙旅行のようなものが企画されたり
移住計画などのことも話題になっていますが
誰もが簡単に宇宙に行けるということにはならないため
宇宙に行くというのは途方も無い夢だとも言えます。

 

 

しかし中には
生きているうちに宇宙へ行けなくてもいいから
死後は宇宙に行きたい
という人もいます。

 

 

そんな人達がやりたいと思っているのが
宇宙葬と呼ばれるもの。

 

 

よく死んだら灰は海にまいてくれ
なんてことを耳にしますが
それの宇宙バージョンと言っていいかもしれませんね。

 

 

宇宙葬では
カプセルなどに個人の遺骨などを収めて
ロケットなどで打ち上げて
宇宙空間に散骨するというもの。

 

 

宇宙に漂う一部として
骨を散骨できるというのは
宇宙好きにとってはロマンがありますよね。

 

 

すでに宇宙葬は実用化されており
アメリカのセレスティス社が
宇宙葬を行っております。

 

 

宇宙葬が行われた人物として、
冥王星の発見者であるクライド・トンボー
初めて宇宙葬で遺骨を打ち上げられた人として
有名ですね。

 

 

今のところ重量制限などの関係から
功績を残した著名人のみ
宇宙葬は限られているようですが
今後の開発によって一般人も
宇宙葬が出来るようになる日も近いかもしれません。

 

 

さて、そんな宇宙葬ですが
どのくらいの費用がかかるのかって
気になりますよね。

 

 

今は無理だとしても
自分の時には出来るかもしれない。
そんなときのためにも宇宙葬の費用は
知っておきたいものです。

 

 

必要についてははっきりとはしていないようですが
だいたい20万~50万というのが
相場となっていきそうですね。

 

 

やはり一般人への実用化
という点はまだ実現できていないため
費用についても今後は論点となっていくのかと思います。

 

 

ちなみに宇宙葬として打ち上げられた遺骨は
数ヶ月~数年という月日を
地球の周回軌道を回り続け
その後大気圏に突入し、消滅します。

 

 

この消滅の際は
流れ星のように輝いて
燃え尽きるということなので
最後も本当に美しいですよね。

 

 

着実と実用化に向けて
宇宙葬は考えられているようなので
今後費用についてもはっきりとわかってくるのではないかと思います。

スポンサーリンク


バルーンを使えば法律に触れない?

宇宙葬って法律的にはどうなるの?
という疑問も少なからずあります。

 

 

海や山への葬送については
節度のある方法ならば法的には問題がない
ということですが
宇宙というのは未知すぎるものですし
法律的に見ても難しいところです。

 

 

そんな中で今話題となっているのが
バルーン宇宙葬というもの。

 

 

散骨のやり方というのは
バルーンの中に遺灰を入れて
さらにヘリウムガスを注入して
空に放ちます。

 

 

バルーンは成層圏突入付近で
気圧によって巨大化をしていき
その後宇宙空間へと散骨される
という仕組みのようですね。

 

 

利点というのが
やはりある程度の広さがあれば
場所を選ばないということや
気軽に手軽にできるということ
またペットなどの宇宙葬も出来るということで
宇宙葬がより身近になった形だと言えます。

 

 

法的にも問題はないようなので
安心して行うことも出来るでしょう。

 

 

生前予約ということもできるので
自分の遺灰を宇宙へと考えている人も
前もって予約できるというのは
嬉しいですよね。

 

 

本格的な宇宙葬はまだ実用化されていないので
それを待たずに宇宙葬を考えたいという人は
バルーン宇宙葬について注目してみるといいかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    1件のコメント

    • 古田善弘

      とても勉強になりました

    コメントを残す