太陽電池パネルの原理や仕組み?日本の切り紙技術で3次元の網に?

近年、太陽電池パネルを自宅に取り付ける
という家庭も増えてきていますよね。

 

 

今回は太陽電池パネルについて注目していきますが
太陽電池パネルの原理や仕組みって
ご存知でしょうか?
また、日本の切り紙技術で3次元の網にする
ということで話題にもなっているみたいですね。
早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

太陽電池パネルの原理や仕組み?

街で見かけることも多くなってきた
太陽電池パネル

 

 

省エネ、電気代節約など
太陽電池パネルは大活躍中ということで
多くの家庭や企業が取り入れていますよね。

 

 

やはり太陽の光をもらって電気を生み出すため
環境にもいいですし
災害時においても活躍をするなど
頼れる存在とも言えます。

 

 

しかしそんな身近な存在になってきた
太陽電池パネルですが
原理や仕組みについて
あまり知らないという人も多いかもしれません。

 

 

太陽電池というのは
光を受け取り、それを電流に変えていく変換素子の事を言います。

 

 

太陽電池パネルに日光が当たると
【光電効果】という現象が起こります。

 

 

光電効果というのは
金属などの物質に光が当たると
電子が放出されるという現象のこと

 

 

つまり太陽パネルに日光が当たることによって
光電効果により電流が生じ
それが電気として使われるということですね。

 

 

太陽電池パネルの電流は
光に対して一定の電流が流れるというわけではなく
光、この場合だと日光の強度によって
発電の強度は変わっていきます。

 

 

そのため、やはり快晴の場合だと電気が作りやすいように
雨の日などにはあまり電気が生まれないというのも
こういったことから言えるということですね。

 

 

太陽電池パネルに日光が当たり
光電効果によって電力が生まれますが
この状態では家電などに電気を使うことができません。

 

 

そこで家電などに使えるように変換をするシステムが
パワーコンディショナーという機器。

 

 

このパワーコンディショナーというものは
太陽電池パネルから受け取った直流の電流を
家電製品などに使える電流に変換をしていきます。

 

 

さらにパワーコンディショナーに電流を一度通すということで
電流の制御をすることが出来るため
必要以上に電気を送らないということや
電力会社から供給されている電気や配電線に
影響を及ぼさないような保護装置も供えられています。

 

 

また、すでに太陽電池パネルを自宅に設置しているという人は
余った電気を電力会社に売ることもできる
ということで少し収入を得ている人もいるでしょう。

 

 

これもパワーコンディショナーのおかげであり
太陽電池パネルで受け取った電気を
自宅の家電製品だけで使い切れなかった場合は
電力会社に余った電気を売ることができます。

 

 

電気代を自然の力でまかなえるのというのは
家庭にとっても良いことですし
何より災害の多い日本だからこそ
太陽電池パネルがあれば安心感を得られる
ということもありますよね。

 

 

昼間しか発電できない、天候に左右される
という短所はあるものの
やはり高い電気代をのことを考えると
メリット部分のほうが多いというのもわかりますね。

スポンサーリンク


日本の切り紙技術で三次元の網に?

増えてきている太陽電池パネルですが
最近になって日本の切り紙技術で三次元の網に
ということで、ニュースになっているようです。

 

 

どういうことなのだろう…と
ニュースのタイトルだけでは
想像ができませんよね。

 

 

日本に馴染み深いものとして
七夕があると思いますが
七夕の飾り付けでよく見る網
想像してみてください。

 

 

引っ張ると輪になる網は
七夕になると美しく飾られていて
七夕を盛り上げてくれていますよね。

 

 

そんな日本ならではの切り紙細工を参考にして
アメリカの研究者が
この網の形状のような太陽電池を開発したのです。

 

 

太陽というのはずっと同じ位置にあるわけではなく
日中動くものですよね。

 

 

そんな動く太陽に対し
ひっぱれば傾きができる網の太陽電池ならば
今まで以上に効率よく集光できるということで
注目を浴びているということ。

 

 

太陽電池の欠点として
発電効率が低いということが
挙げられます。

 

 

そんな欠点をカバーできるアイディアということで
世界的なニュースになっているのです。

 

 

この効率の悪さも
やはり太陽の位置は動くのに
太陽電池は動かないということが挙げられるので
それを全面的にカバーできるというのは
かなり大きいことだと思います。

 

 

既存のものだと
太陽が一番真上に登るお昼前後ならば
最大の効力を発揮するものの
日が上り、頂点から下がる間というのは
真上にいる時間よりも長く
太陽電池へ最大限の日光を当てることはできません。

 

 

日光に余りが生じている状態なので
それをカバーできるというのは
最大限に太陽電池を使うことができるということですよね。

 

 

日本の技術から生み出された網型の新型太陽電池
今後は実用化にむけてさらに研究をしていくということなので
開発を応援していきたいですね!

    スポンサーリンク


    コメントを残す