天の川銀河の大きさはどれくらい?関東のおすすめ観測スポットは?

天の川銀河は
最も知名度が高い銀河と言っても
過言ではないかもしれませんね。

 

 

七夕に見れるといいな、と期待をする
天の川銀河ですが、大きさはどのくらいなのかって
ご存知でしょうか?
また関東のオススメ観測スポットについても
見ていきましょう。

スポンサーリンク

天の川銀河の大きさはどれくらい?

七夕を代表するものといえば天の川
星が創る美しい川は
見るものを魅了する
最も美しい川といっても良いかもしれませんね。

 

 

天の川の正体は銀河であり
天の川銀河と呼ばれるものになります。

 

 

七夕になると
天の川を挟んで逢えずにいた織姫と彦星が
年に一度だけ逢うことが許される。
そんなロマンチックだけれど切ない物語は
昔から語り継がれてきました。

 

 

そんな七夕伝説もあり
天の川は多くの人が知っている銀河として
夜空を今日もきらめいています。

 

 

そこで気になるのが
天の川ってどのくらいの大きさなのか
ということ。

 

 

織姫と彦星は自力で超えることができないほどの
大きな川の大きさって気になりませんか?

 

 

天の川銀河の大きさというのは
約10万光年であり
厚さは約1000光年と言われています。

 

 

この天の川には約4000億個ほどの
恒星が存在しているとされています。

 

 

あまりにも規模が大きい天の川銀河を
織姫と彦星が自力で超えて会いに行けない
というのも納得ですよね。

 

 

また、そもそも天の川銀河というのは
私達の住む地球、そしてその地球がある太陽系が
含まれている銀河です。

 

 

つまり私達もまた、天の川に流れる星の1つということ。

 

 

地球の大きさは人間からしてみれば大きく
さらに空の向こうにある太陽も
天の川の一部であり。

 

 

そんな地球と太陽は人間からしてみれば
とてつもない大きさですが
天の川全体でみてみれば
本当に小さなものなのです。

スポンサーリンク


関東のおすすめ観測スポットは?

天の川がとてつもない大きさである
ということがわかりましたね。

 

 

そのため、観測することに成功をすると
数えきれないほどの星が流れる川の美しさに
思わずため息が出てしまうほどに
感動をするものです。

 

 

しかし観測をしたいと思っていても
関東地方の場合だと
建物の明かりが空を照らすことになり
思うように天体観測が出来ない
ということもあります。

 

 

地方に行けば美しい天の川を観測できるものの
出来れば関東で同じように美しい天の川を
観測したいと思うもの。

 

 

天の川をはじめとして
天体観測をよりよくするための条件として

「建物や街頭の明かりが空を照らしていない場所」

ということが挙げられます。

 

 

東京の空を見てみると
星も数えるほどしか見えませんが
それも建物や街頭の明かりが多く
さらに一晩中明かりがついているからだ
と言えます。

 

 

なのでスポットとして選ぶのであれば

・建物や街頭が少ない

・夜通しで明かりがついていない

という2点を考えれば
観測スポットとして成り立つのです。

 

 

関東といっても
すべてが都心のように明るいというわけではありませんし
山もあります。

 

 

山に登れば空が近くなりますし
何より建物や街頭も少ないことから
天体観測にはかなり向いていると言えますよね。

 

 

また俗にいう田舎のほうにいけば
山ではなくとも田んぼや畑が広がる場所だと
街頭も少なく、建物も近くに見当たらないという場所もあるため
美しい星を見ることが出来ます。

 

 

天の川がたくさんの星の集合体ではあるものの
星1つ1つの輝くは本当に小さいとされているため
光源が少ない、暗ければ暗いほど
その姿を見ることができると言われています。

 

 

ではこれらの条件に関東地方では
どのあたりが天体観測に向いているのかというと…。

 

 

赤城山箱根、また秩父のほうは
街頭も少なく星を美しく見れるようなので
天の川などの天体観測に出掛ける人は
多いようですね。

 

 

また関東といえば
山梨県にある富士山
関東の中では最も美しく星を見れる場所といっても
過言ではないかもしれません。

 

 

日本で最も大きな山ということもあり
そこから見る星々は本当に美しく
別世界に入り込んだ気持ちになると言います。

 

 

目安として五合目あたりが
ちょうどいいようですね。

 

 

他にも伊豆の海岸沿い
長野県のしらびそ高原
天体観測地としては有名だということ。

 

 

美しい天の川を一度でもいいから見たい
という人は是非足を運んでみると
想像以上の感動を味わうこと間違いないかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す