ベテルギウス超新星爆発でオリオン座が消滅?時期はいつ頃?

冬の大三角形を形成する1つの星である
ベテルギウス。
一等星ということもあり知名度は高くありますが
どうやらベテルギウスにまつわる噂が
今ネットを中心に話題になっているということ。

 

 

その噂というのが、ベテルギウスの超新星爆発によって
オリオン座が消滅してしまうので?ということ!
もしこれが本当なのであれば
時期はいつ頃になるのでしょうか。

スポンサーリンク

ベテルギウス超新星爆発でオリオン座が消滅?

ベテルギウスは冬の大三角形を形成する1つの星として
教科書にも掲載されているように
知名度が高い星ですよね。

 

 

星の色は夜空では赤く見えるということもあり
一等星なので見つけやすい星です。

 

 

光が溢れる都心の夜でも
冬の大三角形を観測することは出来るため
ベテルギウスも自然と見つけられるでしょう。

 

 

そんなベテルギウスは
赤色超巨星であり
将来的に超新星爆発をする可能性がある
ということが示唆されています。

 

 

大きさは太陽の1000倍と言われる
ベテルギウスが迎える超新星爆発の影響は
計り知れないものと言われています。

 

 

地球からの距離は
たったの640光年ほどであるために
この超新星爆発が起こった際には
地球への影響も少なからずあるであろうとも
考えられているようですね。

 

 

そんな地球にすら影響を及ぼすであろう
ベテルギウスの超新星爆発は
当然のように他の星にも影響を及ぼすと言われています。

 

 

その中でも今話題になっているのが
冬の星座の中でも人気があるオリオン座の存在。

 

 

なんとベテルギウスの超新星爆発によって
オリオン座が消滅してしまう
ということが言われているのです。

 

 

オリオン座を形成している星の中には
そのベテルギウスが含まれているということで
超新星爆発が起こりベテルギウスがなくなってしまえば
オリオン座を形成することは出来ません。

 

 

星にも誕生と寿命があり
オリオン座以外の星座もいつか消滅をするときは
くることは決まっているものですが
大きな星の消滅の瞬間というものは
簡単に見れるものでもないので
昔から神話と共に語り継がれてきたオリオン座が
消滅をするというのは
あまり現実味がない話ですよね。

 

 

すでにこの15年間の間で
ベテルギウスは約15%も縮んだと言われており
着実に超新星爆発の瞬間が迫っているようです。

 

 

オリオン座がなくなる日がくる
そんな日ももしかしたらもう間近に
迫っているのかもしれません。

スポンサーリンク


時期はいつ頃?

ではベテルギウスが
超新星爆発をする時期というのは
いつ頃が予想されているのでしょうか。

 

 

実は超新星爆発の時期というのは
全くといっていいほどわかっていないのです。

 

 

640光年というのは
宇宙の広さを考えれば短いものですが
それでも最も早いスピードを持つ光ですらも
640年辿り着くのに時間がかかる場所ですし
宇宙に関しては未知の部分が大半ということもあり
いくら身近な存在のベテルギウスとはいえど
わからないのです。

 

 

すでに余命は100万年をきったと言われていますが
これも目安でしかありません。

 

 

もしかしたらもうすぐの未来に
超新星爆発を迎えるかもしれませんし
気が遠くなるほどの年月の後に
爆発を迎えるかもしれません。

 

 

また、すでに爆発をしている可能性だって
0%ではないですよね。

 

 

私達が地球から見る星の姿というのは
今現在の時間が流れる星の姿ではなく
過去のものです。

 

 

ようやく昔の光が長い年月をかけて
地球に届いて見えるものであるために
タイムラグが生じます。

 

 

ベテルギウスが超新星爆発をすれば
地球には何らかの影響を及ぼすであろうということや
他の星にも影響を及ぼし
さらに宇宙にも大きな変化が現れるとも言われているので
もし爆発を知ることが出来れば
人類は未だかつてないような光景や影響
そして宇宙の知識を知ることが出来るかもしれません。

 

 

謎が多い宇宙なだけに
超新星爆発の影響が気になるものですが
オリオン座がなくなる
空に輝いていたベテルギウスの消滅をする
それは人間にとっても大きな影響を
及ぼすことになりそうですね。

    スポンサーリンク


    コメントを残す