オール電化衛星打ち上げはいつ?電気推進エンジンにホールスラスタ?

オール電化
ここ数年前から耳にするようになった言葉ですが
なんと衛生もついにオール電化の時代になった
ということで話題になっています。

 

 

そんな話題のオール電化衛生ですが
打ち上げはいつになるのでしょうか。
また電気推進エンジンにホールスラスタを使用しているようですが
詳しいことを見ていきましょう。

スポンサーリンク

オール電化衛星打ち上げはいつ?

電気料金の値上がりも伴い
オール電化は一般的になってきていますよね。

 

 

ここ数年でオール電化のCMも放送されたり
メディアなどでも見かけることも多くなってきたので
導入について迷っている人もいるでしょう。

 

 

そもそもオール電化というのは
ガスを使用しない、電気代が安い時間帯の電気を使用する
安全性が高いなど様々なメリットが多く
将来的に考えてオール電化は便利かもしれないということで
多くの家庭で導入が勧められています。

 

 

そんなオール電化ですが
衛生にも導入されていくということで
話題になっているようです。

 

 

JAXAはオール電化の衛生の打ち上げを
2021年を目標として計画を立てているようで
まだ計画は開始されていないものの
注目が集まっているということ。

 

 

検討中ということですが
正式に計画が決定をしていけば
来年度から着々と開発が進められていくようです。

 

 

なので現時点ではオール電化の衛生の打ち上げは
正式には決まっていないようなので
打ち上げ日に関してはまだ未定

 

 

ただこのオール電化衛生が開発され
打ち上げが成功をすれば
宇宙開発も大きな一歩を踏み出すことになりますよね。

 

 

衛生の打ち上げなど
開発費などの費用は莫大なものであり
各国の頭を悩ませる要因となっています。

 

 

しかしオール電化が可能となれば
そういった費用面も大幅にカバーできると思いますし
安全面も従来のものよりも優れているということなので
よりスムーズに開発や研究を
していけるのではないでしょうか。

 

 

計画はまだ未定ですが
期待が集まっている分
計画が決定して来年度に計画が進められるのも
可能性はかなり高そうですね。

スポンサーリンク


電気推進エンジンにホールスラスタ?

オール電化の衛生の計画が開始されるとすると
エンジンにはホールスラスタと呼ばれるエンジンを
採用していくそうです。

 

 

オール電化の衛生の現在の課題の1つには
エンジンの存在があります。

 

 

従来のエンジンを採用するとなると
スペースを圧迫することとなって
その分足を引っ張ることとなるので
ネックだとされています。

 

 

打ち上げには重量はかなり大きな課題となるために
出来るだけ軽く高性能ということが
求められていきます。

 

 

オール電化衛生に搭載されるエンジンも
そういった条件をクリアできるものということで
従来のエンジンの採用ではなく
電気推進エンジンと呼ばれるものを採用するということ。

 

 

この電気推進エンジンというものは
代表的なものと言えば
小惑星探査機のはやぶさに搭載された
イオンエンジン。

 

 

特徴としては搭載燃料は従来の燃料と比べると
少量で済むということや
推力はやや劣るものの効率が良いということ。

 

 

しかし現在開発されている電気推進エンジンを採用するとなると
やはり推力の問題が課題となってくるために
推力もよく、効率もいいということが
求められていきます。

 

 

そこで注目されているのがホールスラスタという
電気推進エンジン。

 

 

はやぶさに搭載されたイオンエンジンと比べてみると
推力は大きく、高性能だということ。

 

 

今後の開発の中でも
さらに推力に関しては
世界トップクラスの推力を目指していくとうことで
オール電化衛生の研究と共に
改良が重ねられていきそうですね。

 

 

今後の宇宙開発の中では
電気推進の技術は必要不可欠とされており
もし今回の計画が成功をすれば
宇宙開発の負担もかなり軽減されていくのではないでしょうか。

 

 

世界が注目するこの計画
まだ決定はされていませんが
期待をして続報を待ちたいと思います!

    スポンサーリンク


    コメントを残す