オリオン座は冬だけでなく夏や秋にも見ることができるって本当?

冬の星座であるオリオン座は
冬の風物詩と言っても過言ではないくらいに
美しい星ですよね。

 

 

そんなオリオン座ですが
なんと夏や秋にも見ることが出来るって
ご存知でしたか?
何故オリオン座が冬以外で見ることができるのか
早速注目していきましょう!

スポンサーリンク

冬の風物詩、オリオン座

冬の空気は透き通って見えるため
一年の中で天体観測は一番美しく出来る時期かもしれませんね。

 

 

そのため、冬休みなどの長期休みなどを使って
星が見えやすい場所へと移動をし
天体観測を毎年するという人も少なくないでしょう。

 

 

数ある星座の中でも
特に冬の星座ともなればオリオン座が人気で
それを目当てに夜空を眺める人も多いでしょう。

 

 

オリオン座は中央に3つの星が並んでいるのが目印となるので
天体観測初心者でも見つけやすく
子供の冬休みの宿題の中でもよく出されるようです。

 

 

明るい星でもあるので
都心でも見つけることができ
そういった気軽に見つけられる身近な星座だからこそ
オリオン座は人気だと言えるかもしれません。

 

 

星座というと神話についても
気になる人が多いでしょう。

 

 

オリオン座は狩人の形をした星座であり
登場するギリシャ神話の垢では
海神ポセイドンの息子であるオリオンとして
活躍をしていました。

 

 

容姿は美しく、どんな猛獣でも仕留めることの出来るオリオンは
やがて月と狩りの女神と言われるアルテミスと恋に落ちますが
自信とプライドの高さから他の神々を怒らせてしまい
送られてきた刺客であるサソリに刺されて
毒が体中に回り死んでしまいます。

 

 

そのため、現在の星座になった状態でも
さそり座が東の空からあがれば
オリオン座は西の空に消えるということも
オリオン座の面白い特徴として有名ですよね。

スポンサーリンク


オリオン座は冬だけでなく夏や秋にも見ることができる?

冬の風物詩でもあるオリオン座ですが
噂の中には
オリオン座は冬だけでなく夏や秋にも見ることができる
というものがあるようですね。

 

 

冬限定というイメージが強い星座なだけに
夏や秋といった季節で見れるとは思えない
という感じがします。

 

 

しかし実は噂は本当であり
オリオン座を夏や秋に見ることは出来るのです。

 

 

夏といっても初夏などの場合はまだ見ることは難しいこともありますが
夏の夜明け前の空などを見てみると
東のほうの空に、オリオン座の最大の特徴である
3つ並んだ星をみつけることができます。

 

 

やはり冬と比べてみると見づらいですし
冬ははっきりと見ることができるということもあって
オリオン座は冬を代表する星座ということで
教科書などにも載っていますが
まったく見えないというわけではなかったようですね。

 

 

冬の透き通った空に浮かぶオリオン座は格別ですが
冬ではない季節にみるオリオン座は
新鮮でどこか不思議な感じがするので
オリオン座が好きな人や気になる人は
是非見つけてみるといいでしょう。

 

 

夏から秋の明け方の空というものは
美しいグラデーションに空が染まっているので
漆黒の空になる冬とは比べると
まるで別の星座を見ているような気持ちにもなります。

 

 

また、オリオン座好きの人は是非調べてみてほしいのですが
先ほど紹介したオリオン座の神話ですが
実は他にも様々なバージョンのお話があるのです。

 

 

どれが正しいということもありませんが
そういった季節や空の色に合わせて
様々な神話を思い返しながら天体観測をしてみるのも
風情があって素敵な時間になることは間違いなしですよ。

    スポンサーリンク


    コメントを残す